アルーア・デコアート|バラの花をモチーフとしたインテリア&ホビーアート
トップ|アルーア・デコアート
-------------------------
アートディレクター高野沢和子|アルーア・デコアート
-------------------------
作品の特徴|アルーア・デコアート
-------------------------
イベント情報|アルーア・デコアート
-------------------------
作品の紹介|アルーア・デコアート
-------------------------
体験キット通信販売|アルーア・デコアート
-------------------------
 

キャンバスの上にバラの花をイメージし、光と色彩を粘土により表現してみました。それはキャンバスを越えて無限の創作空間となり、新たなアートの可能性を生み出すことになりました。

アルーア・デコアートは、その素材・造形・色彩等の全てにおいてオリジナリティあふれる創作活動の中から生まれた作品です。

その作品は以下の特徴を持っています。

   

粘土はオリジナルな特殊工法で作られています。素材の持つ自然な弾力性と自然光や照明の光を通すソフトな透明感は、色彩のもつ魅力とあいまって他に類を見ないアートの世界を表現します。

粘土: 質感が良く、光を通すので自然光や照明にも良く映えます。最後に光沢をつけることによりガラスのような風合いをかもし出します。
薄く伸ばしても割れにくく、弾力を保ちます。
  
ペーストクレイ: さまざまな素材にぬりやすい柔らかさに仕上げた粘土です。ペーストクレイを塗った上に着色したり、粘土の花などを付けたり、デザインラインを付けるなど、さまざまな細工をすることが出来ます。
特に、透明ガラスなどは、くもりガラスの風合いになり、色々なデザインや絵など描くことができます。


 
筆: 腰の強さ、先のまとまり、絵の具の含み、等、どれをとっても使いやすい最高級のセーブル毛を使用しましたオリジナル筆です。
 
その他: 絵具は、発色の良い、体にやさしく安全なもの。そして、厳選された色の絵具のみを使用しております。
粘土を細工する為の伸ばし棒は、独自の手法の細工に使い易い形に作られています。
      

バラの花を用いると創作空間にイマジネーションが広がり、さまざまな作品に神秘的な魅力を与えてくれます。粘土を薄く延ばし独自の手法によりバラの一片一片が表情をかもし出す造形。それがアルーア・デコアートのオリジナルイメージの中心を成していきます。

薔薇: バラは神秘な花。バラの造形に挑む時、ひと呼吸してから一気に作り上げていきます。今までに何百本ものバラ作りに挑戦し、今だ飽きることがなく、課題を与え続けている花だから、バラは神秘的で多くの人々を魅惑し続けているのでしょう。

四季を通じて、その華やかな姿を楽しむことができるバラ。時代を超えて人々を魅了してきたバラの魅力は、数え上げればきりがありませんが、その中でも特に“花色”。近年、青色も加わり、あらゆる色がそろう豊富な花色。幾重にも色彩を重ねたときに奏でられる華麗な“色彩のシンフォニー”多くの画家たちの心をとらえ、描かれ続けてきたバラは、色の魔術師。

    
 
造形: キャンバスにむかい、ペインディングにより立体感を加えたくて、粘土で造形した花を付けてみることにしました。それは、また創作に無限の広がりを与えてくれ、キャンバス以外のさまざまなものに造形する可能性を生み出すきっかけとなりました。

自然光や照明により光を通すことができ、弾力のあるオリジナル粘土を使用することで、透明感のあるソフトなイメージの作品が出来上がりました。立体的アートの創作に“洗練された生活のアート”を楽しみたくてインテリアを中心とした作品を作り、ペインティングと花を中心とした造形、そして“味わい”というエスプリを加えることでより楽しいインテリアアートに仕上がりました 。

    
 

色の七不思議!!
パレットに七色の色が遊び、無限の色彩を造りあげてゆく。やがて光の手助けを受け、キャンバスが華やぎ、色彩により生命を受けた作品が輝きだす。

数ある色の中から、いつの間にかパレットに乗せている色は七色の絵具が中心になっていました。 特に、重要な色がブルー“南フランスのくっきり青い空のブルー、それとも南の島のどこまでも青い海のブルー”何時も、そんな色を想像しながら描いているブルー、そして無限の空間を作り出してくれる重要な色です。

そして七色の絵具を混ぜることにより、ファンタジーあふれる様々な色の世界が造り出され、透明感のある個性的な色彩の輝きを与えてくれています。